自分にとってのルームウェアーとは

――ルームウェアー
最近ではそう洒落た言葉で呼ばれているが、要するに部屋着のことである。
部屋着とは読んで字の如く、部屋で着る服のこと。
ブランド物などの可愛くて女の子らしい部屋着も売られてはいるが、
実際にそれを部屋で着ているのはごくわずかだと自分は思っている。
大体、部屋とは一番自分がリラックスすることの出来る場所であって、
そんな場所でまでおしゃれに気を遣う必要があるのかどうか。
あくまでも自分個人としての意見を言わせてもらうのならば、
その必要はないと感じる。

――部屋でくらいリラックスしたい、ゆっくりしたい

それが本音である。
だからこそ、自分が部屋着にしているのは安いことで有名な某大型ブランドのスウェットズボンに1サイ
ズ大きなパーカー。パーカーの下には長袖のTシャツにカーディガン、足元は靴下にレッグウォーマーと
寒さ対策も忘れてはいない。
気を遣わなくていいという理由から、色は基本的に黒やグレーといった色が圧倒的に多い。
ちなみに自分の普段の服にパーカーは持っていない。
部屋着とは対照的な服が普段の自分が着ている服である。
女性らしい格好をしている人の部屋着がふりふりの可愛いものだとは限らない。
そういった人に限って、部屋では学生時代のジャージ……
なんていうこともありえない話ではなく、逆も然りである。
そんなギャップもまた面白いものであり、
だからこそ部屋着がルームウェアーとして注目されている理由なのかもしれない。

男の部屋着はジャージでしょ

小さい頃はよく家族に買ってもらったパジャマを着ていましたが、あの頃からパジャマってダサいな、着るのが嫌だなと思っていました。変な柄や妙な英文字の入ったトレーナーかお父さんが会社に着ていくようなシャツがどうしても抵抗感を生んでいました。それから十年近く結局親に出されるままパジャマを着ていましたが、就職して一人暮らしを初めてから改めて部屋着をどうするか悩むようになりました。
今までのようなパジャマを着ていては夜にフラりとコンビニにも行きにくいですし、郵便や宅急便の配達が来たときに出るのも恥ずかしいです。かといって女性のように単純に部屋着らしい部屋着を買うのももったいない気がしていました。結局悩みに悩んだ妥協点はジャージです。寝心地はパジャマの柔らかさには劣るものの、暖かさも十分あり、柔軟性もあって着ていて苦しくはありません。何より家の外にそのまま出ても全く違和感がありません。
高校時代の部活やそれ以後の運動着用に何着か持っていたので着まわしも十分、洗濯だって週に二回以上はできます。彼女が家に来ても恥ずかしくないし、友人を急に家に泊めることになっても抵抗感がありません。やっぱり部屋着はジャージが一番ですね。

この時期はもこもこのルームウエアがたまらない

すっかり冬の寒さになり、寒さがどんどん増してくると、
うちではできるだけ暖房を使わずに済むルームウエアを着ています。

ノーブランドになるのですが、
巷の雑貨屋や小さな下着売り場などに売っているもこもこしたモールのような素材の部屋着です。

これは、とても軽いですがずっしりとして、とてももこもこしています。
明るくてかわいい柄が多く、寒い冬も明るい気持ちにさせてくれます。

また、その見た目同様、実際に来てみても本当に温かくて、そのうち暑くなることもあります。

この素材は、やはりもこもこ素材だからなのか、
女性向けのモノばかり目について、なかなか子どもや男性のモノはありません。

男性、子どもは特に男の子のものは、あまり厚地のものはなく、
どちらかというと地味なフリース素材ばかりなのが残念です。

うちでは、なんとか子ども用は通販、
メンズ用は地元の用品店で見つけることができ、今ではみんなでもこもこの格好をしています。

もし誰かが来たら笑われてしまいますが、
それほどまでに着心地も肌触りもよく脱ぎたくないものです。

しかもこの素材は柔軟剤の香りが残りやすいので、
良い香りに包まれて幸せな気分にもさせてくれます。

しかし、それぞれ1着ずつしかないので、
洗った日はふつうのトレーナー上下のルームウエアになってしまい寒いので、
その上に、今流行りの着る毛布を着ています。

結婚して専業主婦になってから、
普段、旦那が会社に行っている間、何を着ていようか、悩むようになった。

寝巻きのまま一日を過ごす、ことははじめから対象外だった。

だって、旦那が帰ってきたときに、
寝巻きのままだと一日をのんべんだらりと過ごしたように思われそうだし、
何より手抜きをしていると思われるのがいやだったから。

でも、数日して、結婚前に聞いていたとおり、旦那の帰りがすごく遅くて、
先にお風呂に入って待っている生活をしているうちに、
どうせ旦那の帰宅時間は寝巻きでいるんだな、と気づいた。

それでも、一日寝巻きという選択肢はない。
旦那に、一日寝巻きでいいじゃん、と言われたから声を大にして言いたい。その選択はない。

日中、宅配だなんだと人がくるときに、上から何かを羽織ったところで、寝巻きはすぐばれる。
買い物に行くときも着替えなくてはならない。

ごみ出しだって、近所のおばさんたちにおしゃれ心がないなどと噂されるのはいやだ。

それと、家事をすると結構汚れることが多い。汚れた服で寝るのもいやだ。

というわけで、汚れるのは避けたいし、それなりにおしゃれに見せたいし、な私が選んだのは、つなぎだ。
今は、ユニクロでだって、フリースのつなぎを売っているし、それなりにかわいく見せられる。

着脱ぎも楽だし、汚れたらすぐ洗える。洗濯物も一つで済む。

ただ、旦那に見せるのは少し勇気が出ないんだよね。

ルームウェアは季節によって替えています。

もちろん暑い季節は、涼しく通気性の良いもの
寒い季節は暖かい保温性のあるものと気温によって替えるのですが、
どの季節にも共通して大切なのは、動きやすいということです。

私は主婦で、家の中でくつろぐ他に、家事をしながら過ごしますので、
食器洗いや洗濯干し、アイロンがけに夕飯の支度を一連の動きですませたいので、
合間に着替えるとかのアクションをなるべくいれたくないです。

水仕事で腕をまくるくらいがギリギリです。
毎日洗濯するのがほとんどなので、価格は1,000円前後がベストかなと思って購入しています。

逆にくつろぐ時は何かを羽織ったり、掛けたりすることでくつろぐ感じがするので、
動きやすさより、フワフワであったり癒される遊び心のあるものを使っています。

そういったものは、価格的にいうと嗜好品みたいな感じで3,000円前後でも買うかしらという感じです。
動物やお菓子などのモチーフでカラフルなものが、楽しくて大好きです。

個人的に、太ももや膝等を暖かくしていると落ち着くので、
家でパンツと重ねてはけるあったか素材のスカート(脱ぎ履きしやすいゴムのウエスト)
などがあったら欲しいなと今探しているところです。

膝掛けしながら歩きたい感じです。

最近のものはくつろぎ重視なので、ちょっと動きにくいものが多いかなと少し思います。