はがき対メールという

はがき対メールということで、本日ははがきのほうがいいのか、それともメールの方がいいのか、
について延々と語っていきたいと思います。

やっぱり、今はIT技術の進展した時代ですから、現代っ子ほどメールの便利さを知っていると思います。
気軽にいつでもメールというものは他人の携帯電話に送信することができて、
なおかついつでも自由な文章で贈りつけることができる素晴らしい画期的なものです。

その反面で、あまり心のこもっている感じがなくなってしまったり、
所詮は人の字ではなく、機械の文字となっているので必死に顔文字や絵文字などでカバーしなければいけません。

そして今度ははがきなんですけど、はがきはやっぱり人の気持ちが良く分かりますよね。
字というものは書いたその時のその人の性格などをかんじさせることができますので、
一生懸命書いてくれた文字にはその一生懸命さが伝わってきますけど、
手抜きの人の字は見てすぐに分かるデメリットもあります。
これをデメリットと取るのか取らないのかは別として、人の気持ちが文字に現れることはメリットだと思っています。

はがきのデメリットは、いちいち手で書くのが面倒くさいということですかね。
今はメール時代と言われていますので、わざわざ手紙を書くなんてナンセンスの時代遅れです。

そして、はがきは郵送してしばらくたたないと届きません。
だいたい隣の家に送ったとしても1週間くらいはかかってしまいますので、
やっぱりそういった観点から考えるとどう考えてもメールの圧勝ではないでしょうか?

もちろんはがきは毎年年賀状などで必要になってきますけどね。