部活のジャージ

私は学生時代、運動部に所属しておりまして、そのときに愛用していたジャージを今でもルームウェアとして着ています。
ちょっと聞くだけでも、そういう人がチラホラいるようですね。ちょっと安心です。

なにが良いかというと、もともとがスポーツのために作られたジャージですから生地も機能的ですし、縫製もしっかりしていて強いんですよね。
もうかれこれ10年以上も使い続けているわけですから…やっぱり強いですね。
長く着続けられるということは、それだけ愛着も湧くというもの。これからも破れて着られなくなるまでトコトン着ていきたいと思います。

もうひとつ利点があります。それは「そのままコンビニに行っても、けっこう大丈夫」ということです。
あからさまなパジャマや上下グレーのザ・部屋着ですと、ちょっとの外出もしにくいかと思いますが、ジャージだと意外と大丈夫です。
やや時代遅れ感のあるデザインではありますが、「スポーティーな人」を意識すれば全く問題ありません。
ジャージの普遍性がこんなところでも役に立つようです。

部屋着なんでとってもパーソナルな衣類ですし、オシャレな要素なんて私には必要ありません。
今日も元ジャージのルームウェアを身にまとい、学生時代を少しだけ思い出しつつ、快適に過ごそうと思います。